忍者ブログ
主によくわからない雑記とか呟き事とか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レジェンドオブレガシー買いました。ヤッター。

浜渦さんのCDが付いてくるというだけで後悔はありません!


近くのゲーム販売店を見ていると、意外と売り切れ…だと……?意外でした。
前情報を見る感じ、どう考えても買うのは物好ゴホゴホ…売れないかなと思っていたので…(笑)。

制作側から「むずかしめです!」と言っている通りさすがによく死にます。
しかし、チラッと回ってきた「開始15分で死ぬ」っていうのは、
何も考えずに回復もせずひたすら通常攻撃のみで特攻してれば、
そのうち安易に死ぬようになりますけど、普通にやってたら多分そう死なないかなというくらい。

結構面白いです。何より曲がいい。テンポもいい。

ひらめき(電球)が「覚醒」になりました(笑)。
覚醒やLVアップ時に集中線でアニメ仕様ぽいのが可愛いです。

DS仕様か、戦闘後HP全快&固定敵以外は絶対に逃げられるという
意外な超温い仕様で安心感を覚えました。

一戦闘に時間がかかっても追い詰められないこの仕様、
私みたいなゆるゆるやるタイプには大変ありがたいです。


あ、開始キャラクターは散々迷ってフィルミア(カエル)にしました。
もっと強そうなキャラクターにしよう、せめて人型にしようと思っていたのに(笑)。
カエルさん、慣れた人向けなのか初心者向けなのかさっぱり解りません。

攻略情報は(詰まってどうしようもなくならない限り)完全にシャットアウトしております。
一度クリアしたら色々見てみようかなと。

平日は仕事であまりガンガン進められませんので
のんびりとプレイしようと思います。そのうちまた感想でもかきます。



しかし久しぶりにゲームを買ったとは思っていましたが、
記事を見る限り最後に買ったのはトモダチコレクション新生活……!

拍手[0回]

PR
お隣の駅までの切符代でぐるっと巡るという大回り」(選択乗車)をしてきました。

大回りは有名なので基本ルール等は検索をすれば直ぐに出てくると思います。
■大都市近郊区間内のみ。(有効区間が存在し東京・大阪・福岡・新潟・仙台周辺に限られる)
■一度でも通った駅を再度通ってはいけない。(一筆書きで被らない事)
■途中下車は不可、改札は出られない。

■万が一違反があった場合、乗車路線の全運賃(開始駅から終点駅まで)を支払う必要があります。
■繁忙期で往生したり、何らかの事故があり電車が停止した際などトラブルが発生しても自己責任です。
■初めての方は事前によく調べておいた方が◎。ルートによっては冗談じゃなく駅に閉じ込められます。




【ルート】
新大阪→大阪→天王寺→王寺→奈良→奈良→加茂→柘植
草津→→米原→近江塩津→近江今津→山科→京都→東淀川

今回は和歌山へ行かず奈良を通り抜ける簡易コースにしました。
というか和歌山を経由すると何時くらいに帰れるか解らず置き去りにされたり日が落ちると危険(寒い)なのでやめました。

大阪」開始の場合は「新大阪」が隣の駅になり、切符代160円
新大阪」開始の場合は「東淀川」が隣の駅になり、切符代120円です。

そんな距離感。朝8時くらいから「新大阪」駅を出発です。


【新大阪→大阪→天王寺→王寺】
環状線は武蔵野線もとい103系や201系などたくさん…!
撮り損ねましたが最初はバーミリオンカラーに乗りました。ヤッター。



うう、可愛い。環状線は癒されます。
鉄道にそんな詳しくはないですが、ウグイス色が和むのは解る。


【王寺→奈良】

 

王寺までご案内してくれたウグイス色→バージョン違いのウグイス色…!(笑)
関西系列(22○系的な)も来たのですがこっちに乗ります(´ω`)ムフ。



のんびり揺られて奈良に到着!
そしてこの辺りから異様な寒さが発生。ともかく寒い。

奈良駅には初めて下りたのですが、綺麗な駅ですね。
のんびりとした空気で良い気分転換になりそうでした。


【奈良→加茂→柘植→草津→米原】

 

奈良から加茂に着くと、ほくほく線で出会ったようなカラーリングの車両が……
何処を走っている車両なのか解りませんが、やたら綺麗で目立つ…!

そしてここまでスムーズに来たのですが、
ついに暖房機具が無い待合室で40分待ちです。凍えるかと思いました。


関西本線はワンマン電車、乗り換え駅以外は駅舎もないレトロな雰囲気の路線でした。
各駅のホームには桜と思われる木が見られましたので、春頃はとてもいい景色になりそう。

暖かい時期にのんびり目的で乗ると気持ち良さそうだなあ。リベンジしたいですね。

 

ブルブルした私を柘植から草津まで案内してくれた子です。
何となく氷見線でよく見る顔な気がします



草津。鈍行でよく通るものの未だ一度も降りた事がありません。
草津から米原までの景色も大変のんびりしていてとても良かったです。

景色に比例しているのか、寒さも一層増してきました。



そしていつもの米原です。
大垣・米原は乗り換えでよくお世話になってます。。


【米原→近江塩津】
ええと、米原から近江塩津までの記憶がほとんどありません。
(車内は大変暖かく、時刻はお昼過ぎくらいで疲れが出たようです)

気が付いたら近江塩津手前、はっと起きました。危ない!
あのまま寝ていたら敦賀まで連れていかれてアウトでした。本当にびっくりした。。。

 

さてさてここでようやく折り返しです!長かった!
近江塩津駅周辺はだいぶ雪が残っていました。寒いはずですね。

降りて10分程度で湖西線(新快速)がきました。
新快速なので普段から都市部を走っている車両でしたが
この付近1時間に1本しかないので文句は言っていられません。凍えてしまう。


【近江今津→山科→京都→東淀川】



京都に入った辺りから体の震えが消えている事に気付きます。
都市部は暖かいです。(確信!)



京都まで来ると安心しますね。
京都で普通電車に乗り換え、東淀川で降りて終了です。

途中でお土産でもと思ったのですが乗り換え時間があまり無い所も多く
ホームから出ずに、というか構内で何か買える所があるのかも解らなくて
結構ずっと乗っていましたが、乗り換えが多かったので結構飽きずに楽しめました。

もう少し気温が適切な季節になってから(笑)リベンジしたいですね。今度は本当の「大回り」で!

拍手[0回]

岐阜城&大垣城へ行って来ました(1)

さて岐阜を出てから、少しだけ寄り道をしました。
美濃赤坂だけ塗れてない(※鉄道塗りつぶしMAPと思われる)という家族に
ちょっとだけお付き合い。



行って戻るだけなんですが、塗りつぶし的には欠かせない場所です。
小さな駅って結構通り過ぎちゃうとこって多いから、
せっかく近くまで来たら、見逃せませんね!



レトロチックな平屋の駅。そして広い。
(富山や常磐線沿いも似たようなのいっぱいありますが)

出発時間までちょろちょろ周辺を眺めたりしつつ、
乗ってきた車両でまたUターンです。岐阜へ戻る。



そのあとはまったり大垣城へ。



大垣城って正面は少し路地から入るので迷いかけましたが、
何とか無事到着。いや、わからなくて最初は裏から入りました……。笑。

こじんまりとしていますがいい感じの城でした。
中も色々見るところがあって、というかここも武器展示が多くてですね!
武器の体験が出来ます。レプリカがあるんですね!

槍!銃!弓!!
いっぱい触ってきました。ワーイワーイ。

レプリカなんで実物とはもちろん色々違うんでしょうが、
私の後で触っていたお兄さん(知らない旅行者)が
「軽いなー」とか言ってたけど、十分重たかったです。くっ……。

弓なんかは若干場所的制限があったので思い切り引く!
っていうのは危なそうで控えましたが、やっぱり手に響きますね。
和弓の種類や性能を考えるとあれでも軽い方だろうとは思うのですけれど。



大垣城の直ぐ傍の公園では3月下旬で既に桜?が咲いてました。
あったかいとこなんですね。公園は遊具も多いし散歩したら気持ち良さそうでした。

拍手[1回]



3月末頃に岐阜城&大垣城へ行って来ました!
プチ家族旅行的な感じだったのでお弁当を持ってまったりです。

 

岐阜辺りは18切符で何度か通っていたのですが、降りたのは初、……
いや、2回目くらいですか。でも前回は少し降りただけで何もしなかったので……笑。


駅からバスに乗って公園まで、案外近かったです。
公園なので遊びながら写真撮ったり、その後お昼を食べてさて岐阜城へ……

なのですが岐阜城、行った事のある方は解ると思いますが
かなり断崖絶壁状態。何となく柵が頼りない。(加えて私は高所が大変苦手です……)

連れに小さい子が居たので、危ないのでそちらにかかりきりで
そういえば岐阜城の姿は取り忘れましたね……しまった。
あと岐阜城には花粉かPM2.5が取り巻いていました

お城の上の方へ着く頃には目が痒くて痒くて……ひぃひぃしてました。
家族の中でも私が一番花粉症は軽症な筈なのに一番なんか酷かったからPMかなあ……。

写真の通りかなり自然豊かなのでマスクはお忘れにならない方がいいかと思います。




場内と城の直ぐ傍にある資料館はいろいろ興味深かったです。武器撮り放題です。




金華山リス村(ロープウェイを上った先にある)のリロちゃんです。リス…村……。
山の麓の公園付近で遭遇します。大きいお友達にもご覧のお愛想です。



公園内は広くて、素敵な門もありました。石垣もいい感じです。


つづく
岐阜城&大垣城へ行って来ました(2)

拍手[0回]

真田十勇士を見てきました!

母親が新聞の広告で見かけ教えてくれたのがキッカケ。
私は演劇系(と言っていいのかな)は宝塚以外は初めてで、
真田十勇士ならわかり易いだろうという事で行ってきました。
(S席が一瞬で売り切れてしまいB席以外獲得出来ず……OH。
人気ぷりに驚きましたが、キャスティング豪華ですものね!納得。)


まあ日テレという事もあり演出過剰系だろうとは話してたのですが、



超絶エンターテイメント系申し訳程度に真田十勇士でした。


そもそも昨今の時代ものは史実など求めちゃいけないと思ってますが、
内容は…ええと、ともかくネタを詰め込みました!です。

ネット(スラング)系からゲームパロCMの台詞などなど…
そして出演者達による台詞での躊躇いのない突っ込み(メタ系)

これはまた…超絶……(ゴクリ) と、始終そんな感じ(笑)。
かなり若い子向けなんだなと思いますが、年配の方も意外と笑ってまして、
ここまで吹っ飛んでると色々な意味で楽しめるんだなと思いました。

私も「これは真田じゃない」「エンターテイメントだ!」って思ったら楽しかったです。




ところで、穴山小助がいなかったのですが、何故なのか不明。
(帰宅後ネットで検索してみたのですが特に注釈も何処にも見当たらず…?)

穴山の代わり(?)に真田幸昌(大介)が「十勇士」になっていましたが、
言うまでもなく彼は真田の息子ですので、臣下扱いは無理があるような……。

あと幸村がちょっと年齢が上過ぎかなという気も。
雰囲気は昌幸にちょっと近い気がしました。ざんばら髪だった所為もある?


母も「旗本が…」「鎧が……」とか見てる最中微妙に突っ込んでましたが、
そういうところも含め「突っ込んではいけない雰囲気」が会場を包み込んでいる
暖かい劇場でした。はい。




お約束の花束コーナー。
胡蝶蘭と薔薇がメインで生花の良い香りが結構遠くまで漂ってました。

拍手[0回]

<< NEW     1 2 3 4 5 6 7 8 9 10     OLD >>
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
もちこ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
永遠に秋と冬が繰り返されればいいのにと(結構本気で)思っている。
眠れるひつじ族。

*ゲーム近況
FE暗黒竜:いらない子などいない!停止中。
FE外伝:りゅうのたてが取れない。
FFTA:ンモウの谷停止中。
FFTA2:始めたけど既にしんどい。
Tオウガ:Nルート。セリエさん。
Miitopia:たのしいね。
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars