忍者ブログ
主によくわからない雑記とか呟き事とか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近アニメも放送されているのと、
懐かしいな~と、何となく思う所もあり
逆転裁判1・2・3をまとめて再プレイしていました。

初回は確かGBAで話題になっていた間に
気になったのでぱっとプレイした記憶。

探偵ものというと死体が大漁旗よろしく次々あがってきたり死体を細かく調べる為に何度も行ったり来たりする内に後ろから殴られたり巻き込まれたり消えてしまった誰かの荒らされた部屋を探したり墓場の空が急に赤く染まったり顔が青い死体の1ドットをファミコンコントローラーというミリ単位の細かい動きを受け付けない機器で示さなければならなかったりあーッ!(※ファミコン探偵倶楽部のトラウマ)(オホーツクに消ゆも怖かった)

(単純に底知れぬ怖さもあって)
ADVはあまりプレイはしないタイプでして
逆転裁判であっても怖い部分はありますが(後述)

キャラも結構突飛でコミカルな動きも多く
ほっこりしたり笑わせてくれるやりとり、
主人公のナルホドくんの逆転劇は
途中メチャクチャだけど最後はいつもかっこいいし

終わりはいつも皆良かったね!って感じなのと
何だかんだ警察も弁護士も仲良くしてて
良かった~って感じがすごく好きだったなと
再プレイして思い出してました。

1は初回とあって4話できっちりまとめてくれて
2は確かに正直中だるみを感じる作りですが、
3はシリーズのまとめらしい全て綺麗に収まる
後々の日々が続くことを思わせる終わり方で
私はこの3作がまとめて好きでした。

そして何故4になったのか(単体として見ても設定や展開が色々唐突な気がしないでもない)(個人的に新要素の「みぬく」が怖くて、人の目をスローで追うところが怖すぎて多分二回はプレイ出来る気がしない……)(すみません)(そして以降は逆転検事以外プレイしていないです)
(4だか5以降はメインシナリオ担当(というより製作チームの構成?)が確か変わっていた気がするのでその辺りも大きいのかなと。シナリオや監督が変わると何となく雰囲気や展開のテンポも違って合わなくなったりしますよねって色んなゲームで感じていること)


ナルホド君編も探偵パートの凶器や証拠を探す時や
裁判で追い詰めていくときがちょっと怖いといえば怖い
推理や追い詰める場面の曲は好きなんですが
尋問の時が一番怖くて横に人がいないと出来ない有様。
小説は大丈夫なんですがゲームや映像は心臓がキュッとします。
多分音が駄目なのと、他人が堂々と嘘付いてるのが怖い。



探偵もので言うと神宮寺三郎シリーズが
昔からすごく好きで
時の過ぎゆくままには何度プレイしても
最後のまとまり方がすごく、
良かったなあとしみじみします。

視点の入れ替わりが激しいので
落ち着かない部分もありますが(笑)
それを置いても「いい話」でまとまっていて
個人的にはとても好きなシナリオです。

時の過ぎゆくままにを初めて見たのは
他人のプレイを横で見ていた頃で
「探偵ものは怖いから嫌だ」と言う私に
「これは誰も死なないから」と勧める兄弟。
途中の急展開にハラハラしながらも
エンディングの時には温かい気持ちになり
大好きなゲームになっていました。

神宮寺のハードボイルドさがカッコ良くて
私はタバコも酒も車もわかりませんが
劇中の男らしい男!という感じで
憧れちゃうよね。
タバコはマルボロ、酒はカミュですよ。


どちらも最後は良かった~で締められるのと
主人公が大人の男で何処かにカッコよさがある
いいゲームだな~と思います。
たまにプレイしたくなるゲームでした。




他では「課長は名探偵」がすごく好きです。
あんなに夢中になってプレイしたのは
本当に久しぶりで、心を持っていかれました。
設定からして無茶苦茶なのも面白いし
あからさまなパロディ要素は笑ってしまうし
何より課長の優しさで構成されている
最後まで笑ってしまうまとめ方で
終わった後に面白さだけが残る。すごい。
ラブアンドゲーム!
単品で発売しても買いますね。あれなら。(真面目に)

拍手[9回]

PR
平行プレイの末置いてかれていた烈火をようやくクリア!しました!

な、長かった……
外伝は二手に分かれる性質上マップ数は多いでしょうが、
やたら無駄に外伝が多い覚醒とかいうのは尺伸ばしなので置いといて
30章という大台は多分FEの中でも長い分類ではなかろうか…。
長かった…(途中息切れしていたのが主な長引きの原因です。すみません。)

大陸中を大回り(?)で行き来していたのと
メインキャラが多い(3人主人公)からかな?
会話が賑やかでわいわいしているのと、
世界観も話もファンタジー!な色が強かった事と、
画面に向けてやたら皆が話しかけてくるのが印象的でした。
笑った。そういう演出は昔から恥ずかしい…。皆してすごい話しかけてくる…。


烈火の全体的な印象は圧倒的瞬殺vsノーダメージという感じです。
後半になれば防御重視の結果か鉄壁のノーダメージが増えましたが、
序盤からともかく落ちる落ちる。主に強制出撃キャラが

育たないキャラ&育てていないキャラと、育ったキャラの差があまりに激しく
章始めの加入や強制出撃(未使用キャラ)は飛ぶ鳥を落とす勢いというか
凄腕スナイパーに狙い撃ちされているが如くでした。辛い。


わたしのプレイスタイルとして剣士系はまず間違っても使わないので
リンの存在が本当に(以下自粛)と口汚く罵ってしまうくらい脅威の壁でした…
というかこの人の存在の所為で一度プレイを挫折しているゲームなので
苦手意識も倍倍倍増くらいの気持ちと、そしてそれを裏切らない死亡率。

強制出撃が多い上、置いておくとまず狙われますもんね…
遠距離攻撃を2発を放たれれば1~2発(※冗談じゃなく)は当たるので
HPも伸びないので即落ち要員。対処はとにかく担ぐ!でした。邪魔…。(ギリギリ)


しかし何タイトルもの最近のFEスタイル(一強作成)で鍛え、
あまりプレイ中は考えない方がいいと学んだわたしは乗り越えました。やった!

初プレイだったので素直にエリウッド編をプレイしまして、
ヘクトル編はやや違う部分があるようですが、
この長さなので傷が癒えたらまた改めてプレイする日を祈って……。




余談ですが、軍師倒れ過ぎ問題なのではないか。
シナリオ都合でしょうが二度程倒れていたような。
大丈夫か?

拍手[3回]

途中力尽きたり違うことをしたりで
何度か再開を挟みつつクリアしましたFE封印!

比較的硬派と聞いていたのですが
なるほど昨今のFE事情と比べると
設定キラキラ度とかが低い?のかなと。

過剰に濃いキャラ設定キャラ推し(イベント中心というか設定ありきというか女性ファンの多いと知っているアレというか)はあまり感じられず、世界観等もちゃんと「?」とならずに読めて追えましたし、
飛ばそうと思えば支援とかもしなくて良いし
目に眩しくない面子で選べたし
烈火の繋がりは主人公周辺しか知らないからよく解りませんが
個人的には丁度良かったです。
ごめんね腐女子が好きそうなキャラゲーが得意ではないと思うしんどい(ここ数年益々)。


あと封印は仕掛けが好きと学びました。
暗闇マップやら神の矢やら、踏み込んだら沸いてくる増援とか
最初はイマイチ面倒だったんですが慣れてしまえば何てことはなく
大体ルーチン的な処理なのでそう難しいことは無かったです。

一度烈火で挫折をした問題が絡むんですが、
基本的にFEといえば暗黒竜で慣れているので
「キャラクターを育てて使う(死なせないように)」のではなく
「一強のキャラを作って突っ込む(死なないし)」のが基本という
遊び方には正直戸惑うしかないんですが(未だに)
何となくはそういう方向で成し遂げられたのも良かったですね。
でも過去作にこのやり方持ち込んだら難しそう。


しかし全マップの中印象にあったのはサカの掟なんですけど。
どの家に入っても「それが サカのおきて」とか復唱するし
神弓を取りに行く時はいきなり六つ子?七つ子?が出てくるし
急に雑なファミコンみたいな処理が最高にKOOLでした。うける。
サカの掟とは何だったんだ。面白すぎる。すごい好き。

終章手前の沸いてくるマムクートも、延々続く1マス通路に1体ずつしか通れない後方から湧いてくるという親切極まりない仕様でやさしさの塊が処理雑かよって面白かったです。
そういうところも好感度がとても上がりました。良い。
こんな感想熱狂的な信者に怒られそう。

拍手[3回]

年度末は忙しい。末端底辺なりに社会人ならしょうがない。
しかし忙しくてゲームや他の趣味があまりにも進まない。

CCさくらの新章は毎週欠かさずチェックしていたりはするんですが。さくらちゃんほんと可愛い。
色々したい時にするのが一番だけれど追い付かない
そんな時は充電期間と思……わたしはだいぶ暇なくらいが好きなんですけど。やることないなあってくらいがいい。悲しい。


そんな中でも1回が短くセーブ出来そうなFE封印・烈火をちょいちょい始めました。
なんでか2作平行してるんですけど。

烈火は実は一度挫折をした苦い思い出のあるゲームなんですが、
この辺りはクリアしたら軽く感想を出すつもりなので置いといて
順番的にも封印優先で先にクリアするつもりで、こちらはそろそろ終盤。
下手くそなんだろうけどよそ見しながらクリアってわけにはいかず
寝る前にちょっとずつ進めています。頑張るぞ~。

拍手[1回]

ドラクエ11、表・裏ボス共に撃破!ということでクリアしました!
ミニゲームとか依頼とかは華麗にスルー!全部は無理!

途中の辺りは違うことをしている時期を挟んだり
家の中でしかプレイをしていなかったりというペースではありましたが…
発売日に買っておいてまさか11月までかかるとは。


色々感想はあるのですが、表世界までは面白かったです

勇者というキーワードを軸に巡る、まさに勇者の物語。
過去作の影をちらちらと見せつつ展開する11の世界は広かった。
久しぶりに街や世界をウロウロ歩き回る楽しさがありましたし、
勇者パワーがあれば何とかなる!という無理押しはちょっと笑いましたが
小まめに挟んでくるみんなの会話は可愛くて、
途中の急展開を含めて王道的な流れは心地よいものですし
勇者が世界を救う!という部分に始終収まっていたと思います。
3DS版プレイだったのでヨッチのオマケも大変嬉しかった。

ドラクエといえばやっぱり「勇者(ロトの頃からのファンなので…)だから
主人公が勇者ですごく嬉しかったです。やっぱり世界を救いたいよ。

結構パーティー人数が多いゲームは好き嫌いが出るものですが
みんなそれぞれ見せ場があって、特徴も全く違いましたし
共通してみんな勇者が好きなんだな!って感じで(笑)
仲良しパーティーでストレスなく楽しめました。

「恥ずかしい呪い」は初回プレイでは選ばなかったしやりたかったなあ。笑。

全ては表世界までは。


裏世界は不満しかないぜ!!
長いため畳みます。

文句しか付けてません。



拍手[1回]

<< NEW     HOME    OLD >>
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
もちこ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
永遠に秋と冬が繰り返されればいいのにと(結構本気で)思っている。
眠れるひつじ族。

*ゲーム近況
FE暗黒竜:いらない子などいない!停止中。
FE外伝:りゅうのたてが取れない。
FFTA:ンモウの谷停止中。
FFTA2:始めたけど既にしんどい。
Tオウガ:Nルート。セリエさん。
Miitopia:たのしいね。
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars