忍者ブログ
主によくわからない雑記とか呟き事とか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネット友達が呟いていたことで偶然知り、
付き合ってくれるひとも、誰かを付き合わせるのも難しいので
8月某日、一人歩いて行ってきました。

会場は意外とひとが多く、特に若い方が多かった気がします。
シリアルキラー達って絵や文を残していることが多い気はするのですが、
よく描写される(?)奇抜な色彩や狂った精神状態を表すわけではなくて、

理性的かつ知的な言葉だったり、
器用で美しい作品であったり、
何かしら優れているのだろう部分を持ち合わせているか、
或いは結構普通のひとのような気すらしてきて、

全部を見終わる頃にはすごく気分が悪くて
頭が引っ張られる気持ちの悪さから
出てきてしまったのですが、

狭い中にひとが多かったからなのか、
暗い中で低音が鳴っていたからか、
圧倒されてしまったのかわからないなあ
と思いながら帰ってきました。

興味があるというと語弊がありますが、
元々FBI記録ものを含めたノンフィクションの本が好きで
昔よく読んでいたのを思い出しました。

誰が来るんだと思っていたので
混んでいたことには本当にびっくりでした!

貴重な資料の数々をこの目で見られるなんて
そう無いことなので良い機会にもなりました。
教えてくれたお友達、ありがとうございました。


個展や展覧会含めて最近ほとんど行っていなくて
たまに行くとやっぱりいいなあと思うので
また何か興味があるものがやっていたら行きたいですね。

今度は明るいものでも。笑。

拍手[1回]

PR
途中力尽きたり違うことをしたりで
何度か再開を挟みつつクリアしましたFE封印!

比較的硬派と聞いていたのですが
なるほど昨今のFE事情と比べると
設定キラキラ度とかが低い?のかなと。

過剰に濃いキャラ設定キャラ推し(イベント中心というか設定ありきというか女性ファンの多いと知っているアレというか)はあまり感じられず、世界観等もちゃんと「?」とならずに読めて追えましたし、
飛ばそうと思えば支援とかもしなくて良いし
目に眩しくない面子で選べたし
烈火の繋がりは主人公周辺しか知らないからよく解りませんが
個人的には丁度良かったです。
ごめんね腐女子が好きそうなキャラゲーが得意ではないと思うしんどい(ここ数年益々)。


あと封印は仕掛けが好きと学びました。
暗闇マップやら神の矢やら、踏み込んだら沸いてくる増援とか
最初はイマイチ面倒だったんですが慣れてしまえば何てことはなく
大体ルーチン的な処理なのでそう難しいことは無かったです。

一度烈火で挫折をした問題が絡むんですが、
基本的にFEといえば暗黒竜で慣れているので
「キャラクターを育てて使う(死なせないように)」のではなく
「一強のキャラを作って突っ込む(死なないし)」のが基本という
遊び方には正直戸惑うしかないんですが(未だに)
何となくはそういう方向で成し遂げられたのも良かったですね。
でも過去作にこのやり方持ち込んだら難しそう。


しかし全マップの中印象にあったのはサカの掟なんですけど。
どの家に入っても「それが サカのおきて」とか復唱するし
神弓を取りに行く時はいきなり六つ子?七つ子?が出てくるし
急に雑なファミコンみたいな処理が最高にKOOLでした。うける。
サカの掟とは何だったんだ。面白すぎる。すごい好き。

終章手前の沸いてくるマムクートも、延々続く1マス通路に1体ずつしか通れない後方から湧いてくるという親切極まりない仕様でやさしさの塊が処理雑かよって面白かったです。
そういうところも好感度がとても上がりました。良い。
こんな感想熱狂的な信者に怒られそう。

拍手[3回]

年度末は忙しい。末端底辺なりに社会人ならしょうがない。
しかし忙しくてゲームや他の趣味があまりにも進まない。

CCさくらの新章は毎週欠かさずチェックしていたりはするんですが。さくらちゃんほんと可愛い。
色々したい時にするのが一番だけれど追い付かない
そんな時は充電期間と思……わたしはだいぶ暇なくらいが好きなんですけど。やることないなあってくらいがいい。悲しい。


そんな中でも1回が短くセーブ出来そうなFE封印・烈火をちょいちょい始めました。
なんでか2作平行してるんですけど。

烈火は実は一度挫折をした苦い思い出のあるゲームなんですが、
この辺りはクリアしたら軽く感想を出すつもりなので置いといて
順番的にも封印優先で先にクリアするつもりで、こちらはそろそろ終盤。
下手くそなんだろうけどよそ見しながらクリアってわけにはいかず
寝る前にちょっとずつ進めています。頑張るぞ~。

拍手[1回]

昨年は1・2・3
今年は4・5・6と
ドラクエコンサートに行ってきました!

4・5・6は天空シリーズと呼ばれていますね。
ドラクエもいろんな流行りの波に乗ったのか
キャラクターが前に出てきてる印象のあるこのシリーズ。
ドラクエの中でもナンバー固定ファンがすごく多い(そして女性ファンが多い)という偏った印象があるんですけど追加公演がすぐに決定した辺り、あと会場に実際行っても多分その印象は間違ってないと思いました。。。演奏中のおしゃべりはやめてね。

しかし1・2・3ほど世界観やシナリオは繋がっていないと思うし
特に6って天空は出てきたっけな勢い…(ごめんなさい)

そしてさりげなくすぎやまこういち先生がいらっしゃっていました!
今回観客に徹していましたが(途中一度だけ壇上で会場の注意喚起してくださった)
結構近い位置に座っていらっしゃって、来てくださってるだけで嬉しいし、
同じ場所の空気吸ってる…みたいな気持ち悪い客になってました。嬉しい。

************************

【曲目】
4:序曲・仲間のテーマメドレー・街の曲・洞窟~塔
5:王宮・哀愁物語・戦闘・結婚のワルツ
6:街の曲・海・戦闘・エンディング
アンコール:戦闘・海(DQ3)

だ、ダイジェスト~~~~~!
曲目(※正式名称ではないです)はこんな感じでした。

おともだちに「アンコールは3なの?」って突っ込まれたんですけど
アンコールは3です。でも正直毎度の勢いであることですよね。3は強いんだ。たまには2もやって。

************************

5も6も戦闘入ってるので4の戦闘も聞きたかった気がします。笑。
折角木琴スタンバイしていたし!DQ4戦闘といえば緊迫感のある木琴だ!
でも序曲に仲間メドレーに街の曲にと長くなるから難しいのかな…。

何だかんだプレイ回数の多いナンバーなので「あ、あ~」ってなりますね。
微妙に感情移入しにくい(勇者に至るまで遠い)のに色々抉られて心がしんどいドラクエ4。

しかし仲間メドレーの中に勇者の故郷は入らないんですけどコンサートの時はぐいっと入れて欲しい…ぐいっと……勇者だけいないじゃん……!ここでも孤独か!!

************************

個人的に5のチョイスがすごく嬉しかったです。
哀愁物語と結婚のワルツ!ナイスチョイス。
どちらもプレイ中に思い出がある曲だし中核に食い込む場面の曲だし。
ちょいちょいルーラの歌を思い出すのはご愛敬。
でもこの二つが入るなら愛の旋律も聞きたくなる。すごく好き。

DQ5のオーケストラというとゲームが発売した辺りの年、
新聞の広告欄にDQ5のファミリーコンサートの広告が載っていて、
まだ一人で(しかも多分夜時間の公演)行ける年齢じゃなかったからすごく行きたかった気持ちだけ覚えていて(多分大人になってから行ってると思うんですけど)未だにオーケストラで聞きそびれた気持ちばかりすごく強くて出来ればDQ5は単品で全曲聞きたい。
またオーケストラで5をやってくれないかなあ…。

************************

6はわたしの中でなんでかちょっと色々低い位置にあるタイトルで(すみません)
でも音楽はすごくどれも好きなんです。前にアマチュアのゲーム楽団がDQ6の演奏をしたんですけど、一緒に演奏した他ゲームのどれも個人的に好きなラインナップだったけどDQ6だけ曲の出来が群を抜いていたように聞こえたのを覚えています。
曲自体の完成度も高いんだと思うんですけど曲がすごい好き。
アマチュアが演奏してもまとまってくる曲自体の出来。
でもゲーム内容が個人的な好みに合わない。ごめん。わたしも自分ですごい悔しい。

6の曲って全体的に「行儀のいいオーケストラ」って印象がすごくあります。
どの曲を聴いても品のいい感じでオーケストラ映えをとても感じます。
これもあまり単品のオーケストラで聞いたことがないので聞きたいなあ。

************************

しかし4曲ずつではやっぱり詰め込み切れない感がすごい…。
この機会にナンバーごと1つずつのオーケストラを今一度しません…?


次は7・8だそうなので楽しみにしているぜ~~~!!!
2つだけなので1タイトルずつの曲が増える可能性…?

拍手[0回]

ドラクエ11、表・裏ボス共に撃破!ということでクリアしました!
ミニゲームとか依頼とかは華麗にスルー!全部は無理!

途中の辺りは違うことをしている時期を挟んだり
家の中でしかプレイをしていなかったりというペースではありましたが…
発売日に買っておいてまさか11月までかかるとは。


色々感想はあるのですが、表世界までは面白かったです

勇者というキーワードを軸に巡る、まさに勇者の物語。
過去作の影をちらちらと見せつつ展開する11の世界は広かった。
久しぶりに街や世界をウロウロ歩き回る楽しさがありましたし、
勇者パワーがあれば何とかなる!という無理押しはちょっと笑いましたが
小まめに挟んでくるみんなの会話は可愛くて、
途中の急展開を含めて王道的な流れは心地よいものですし
勇者が世界を救う!という部分に始終収まっていたと思います。
3DS版プレイだったのでヨッチのオマケも大変嬉しかった。

ドラクエといえばやっぱり「勇者(ロトの頃からのファンなので…)だから
主人公が勇者ですごく嬉しかったです。やっぱり世界を救いたいよ。

結構パーティー人数が多いゲームは好き嫌いが出るものですが
みんなそれぞれ見せ場があって、特徴も全く違いましたし
共通してみんな勇者が好きなんだな!って感じで(笑)
仲良しパーティーでストレスなく楽しめました。

「恥ずかしい呪い」は初回プレイでは選ばなかったしやりたかったなあ。笑。

全ては表世界までは。


裏世界は不満しかないぜ!!
長いため畳みます。

文句しか付けてません。



拍手[1回]

<< NEW     1 2 3 4 5 6 7     OLD >>
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
もちこ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
永遠に秋と冬が繰り返されればいいのにと(結構本気で)思っている。
眠れるひつじ族。

*ゲーム近況
FE暗黒竜:いらない子などいない!停止中。
FE外伝:りゅうのたてが取れない。
FFTA:ンモウの谷停止中。
FFTA2:始めたけど既にしんどい。
Tオウガ:Nルート。セリエさん。
Miitopia:たのしいね。
忍者ブログ [PR]
 Template:Stars